このブログは 糞自作erによる ただのチラシの裏です


プロフィール

nicotakashi

Author:nicotakashi
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



ニコ生



ニコ生



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新サウンドカード RECON3Dを試す
ども


新しいサウンドカードが届いて何日放置していたことでしょう・・・


先日ようやく取り付けましたので 感想を・・・


まずは コントロールパネルからどぞ

RECON-3D.jpg

これが THX周りの操作画面です

細かい設定はなく ヘッドホンであればサラウンドの設定だけする感じでしょうかね


スピーカー出力にすると 各スピーカーの出力なども設定できるようになります



そしてマイク設定まわり

RECON-3D-3.jpg


前にはなかったマイクブーストが追加されており スタンドマイクでもアンプ無しで拾ってくれます


しかしやはりブーストを上げると ブースト特有のノイズが入ります


あとは要らないけど一応ボイスチェンジャーね・・・







最後に紹介する機能ですが これが一番今回のポイントかも・・・


RECON3D-1.jpg


SCOUT MODE とやつを ONにすると FPSで一番重要な 足音や声などの 帯域を上げてくれる機能があります


実際にONに してみると 足音の聞こえにくいBF3でも近くの敵の位置がわかりました


今までは逃していた音をしっかり上げてくれています





っと言うことで これは ゲーム特化型のサウンドカードのようです


今までのクリエィティブは

16489.jpg


こんな感じで 3種類のモード選択や EAXエフェクトのような物もありましたが

今回は 至ってシンプル かつ単純化されており  非常に使い易い仕様です




配信 やDVD ゲーム 色々試しましたが ドライバ周りのバグもなく 

音がでなくなる などの問題は自分の環境では なさそうです







さて 使いやすさなどのレビューはさて置き  実際音の違いはどうなの???


ってのが気になる方が多いはず 


先ほども言ったように ゲーム特化されたサウンドカードのようです  


自分の耳は凡人レベルですので あくまで主観による物ですが


癖のない 原音に忠実な音 っていう感じがします   

音楽や動画も十分すぎるくらいに楽しんでいただけるレベルではないでしょうか・・・



しかし TITAANIUM HD と比べてしまうと 設定を何も弄ってない状態 でも 若干HDDのほうが 音が柔らかい

感じがしました


オペアンプを積んでいる分 音色と言う部分に関しては 若干なりとも 差を感じますね


なのでどっちが買いか????


これは好みに分かれると思います





個人的には エフェクトの多さ  ASIOなども対応の HD が好きです 


ステミキに関しては どちらもついてますが  RECON3Dの方は マイクを聴く に☑ をしないといけないので


自分の声が返ってきて話し辛い なんて生主症候群にハマル人もいると思います





あと付属のマイクの感想についてなのですが


指向性を調整できる  と言うのが売りですね


確かに指向性をナロウに寄せると 周囲の音を拾い辛くなります


よく見ると マウク部分が2つあります



しかし  やっぱり拾いにくいと言うだけで 拾ってしまう事もありますね


マイクの音質に関しては 至って普通・・・悪くもなく良くもなく。。。。



っということでした   




っでね



取り付け24時間ほどで やっぱり 聞きなれたHDのほうが良くなって 戻しました



その時感じたのが  サウンドカードって結構熱持つんですよね 


それが 非常に冷たかった・・・・

発熱性にかんしては優秀かもしれません   



ってことで しゆーー
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。