このブログは 糞自作erによる ただのチラシの裏です


プロフィール

nicotakashi

Author:nicotakashi
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



ニコ生



ニコ生



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サウンドカード
ども


今回の出張中は 毎日夜呑みに行ってます

クリスマスは嫁と温泉にいくので 出張終わるまで配信はお休みになります



さて 昨日バイヤーさんの配信でSE-300の視聴配信してました

se-300.jpg



実は私も持ってるんですよね SE300

なのでついでレビューしたいと思います




私が手に入れたのは発売日でした

知っての通り 私はサウンドカードは criative派です

なぜならFPSゲームがメインなんで・・


サウンドカードはASUS Criative  USB はSteelseries criative

と試してきましたが 現在の criative Titanium HDが 最適でした



っとそこにきてあのONKYOがゲームもできる と謳うSE-300を発売すると

SE300.jpg


これは買いでしょ!!! ってことで購入


さて早速取り付けて いつものようにまず圧縮音源から・・・





とりあえず 今まで付けていたヘッドホン 同じプレイヤー で聴いてみました


1曲目の最初の出だしから 感動・・・・

そこから2時間 目を閉じて何も考えず音楽だけ聴いてしまいました

何がすごいって 

楽器の音 女性のボーカル 今まで聴いていた物がこんな違うように聞こえるとは思いもせず

聴き惚れてしまいました

もちろん手持ちのCDやDVDも聴きましたけど 更に感動でした


特に 世界の歌姫 Mariah Carey  は良かったですよ




ただ ダンス系やアップテンポの曲は 若干物足りなさを感じました



さて 肝心のゲームですが これには少々難あり 


SE-300にはcriativeのX-FIチップが載っていて

コントロールパネルにもCriative の文字が入ってます

操作感 モードの選択も今までのcriaive のままで 使いやすいです


なのに


1週間頑張ってみましたけど はやりFPSにおいて重要な音の部分が 拾いきれてない 

(拾ってるんだけど聴き辛い)


やはりFPSゲーマーにはcriativeだな と感じさせられる一品でした


ドライバーはONKYOが担当しているようで バグも全くなく非常に使いやすいですね






これね 音にハマった人はDACのほうがいい とか 所詮サウンドカードには限界が・・・

みたいな事言う人いますよね   サウンドカード入れるくらいならアンプ買うわとか・・・・



まぁもちろんそれもわかります   ただ人によって音に掛けることのできる予算って違いますよね


10マン以上出せる人にこれを勧めようなんて思わないし

デジタル派の人にも勧めません  


サウンドカードは アナログ用に特化されている物が多いのと

あくまでスピーカーよりもヘッドホンで体感してもらいたいですね



本当に音は 聴くジャンルや好み によって別れるんで

PCパーツの中でこれほど他人のレビューが役に立たない事はないんだけど

こればっかは買ってみないとわかんないんだよねぇ 


自分に合うか合わないか・・・・


っと言うことでみなさん良かったらいろいろ買ってみましょう




ゲームと 音楽 を両立したPCなんて考えてたのですが

どちらも どこで妥協するか・・・・

ここが個人差の一番でるところではないでしょうかね


両立できるPCは気持ちよく聴かせてくれるサウンドに出会わなければ出来ると思います


出会ってしまったら 我慢できませんね  

んーー 


これって異性に似てるよねw


いい女に出会ってしまったら・・・・・・みたいなね


知らなきゃそこで満足できる 

みたいな・・・・・





DACやサウンドカード入れた方は ぜひこのプレイヤーで聴いてみてね

アップコンバートもできる優れものです 30日無料なんでお試しあれ



ってことで しゆーー

スポンサーサイト

SONY アンドロイドウォークマン
どもーー


ただ今 群馬県と埼玉県の県境に出張中です


どうやら28日頃まで帰れなさそうですね


WIMAXの電波があるのでネット環境は余裕です





さて世間ではそろそろクリスマス真っ盛りですね


今回の急な出張の為私は気分はないですが 嫁からクリスマスプレゼントを買ってもらいました


アンドロイドウォークマンのZ-1000 32Gです

画像-0074



まず思ったのは デカイ・・・・


これめっちゃでかいよ  画面のタッチ精度はかなり良好でストレスはありません

これに付属されている ノイズキャンセリングイヤホンの出来もかなりいい感じです


cpuもかなり速くてまだ使いこなしてませんが ストレスは全く感じない それ以上にはえーーーっって感じですね





Ipod touchとの比較ですが 大きさ的にはipod touchのほうが持ち易く使いやすいです


ウォークマンのほうはなんせデカイので ポケットに入れるには少し邪魔ですね

画面も大きくて見やすいのですが 正直やはり持ち歩きを考えるともう少し小さいほうが良かったかもです

画像-0075


どっちが いいの?


音質は 圧倒的にSONY です

ネットなどのブラウジングも FLASHに対応しているウォークマンのほうが有利かも

アプリ関係は 大して変わりはなく これは完全好みですかね


タッチ感も両者まず困ることはないほどの出来なので この点は引きわけ 


I podには付いていない GPS が有るのも大きいですね

ナビなどのソフトにも対応してますので これもポイント  



ただ・・・・ スクショ のとりかたがわかりません・・・・



あと新しいのが原因なのか 携帯ではないからなのか まだ未対応のアプリもチラホラ・・・・

ついでに I tunes とXアプリでは 使い勝手は圧倒的にI Tunesの勝利です


ただ これは使いやすいと思ったのは サイドボタンにあるこれ↓

11bnr_z1000_feat2.jpg

これを押すとアプリ立ち上げ中  やブラウジング中であっても

曲の選択ができます  

これはナイス!!

しかも 画面も占領することなく 小さく表示されるので すごく便利です



っということで アンドロイドウォークマンの評価は かなり高いです

ただ お値段が。。。。

27840.jpg



32Gでもこのお値段ですので 誰でも手頃に・・・

っというわけではないとは思いますが 


けっこうお勧めですよ





本日の一曲 は JOJO   Disaster

jojo 最近聞いてなかったけどイメージ変わりましたね 





ってことでしゆーー


新サウンドカード RECON3Dを試す
ども


新しいサウンドカードが届いて何日放置していたことでしょう・・・


先日ようやく取り付けましたので 感想を・・・


まずは コントロールパネルからどぞ

RECON-3D.jpg

これが THX周りの操作画面です

細かい設定はなく ヘッドホンであればサラウンドの設定だけする感じでしょうかね


スピーカー出力にすると 各スピーカーの出力なども設定できるようになります



そしてマイク設定まわり

RECON-3D-3.jpg


前にはなかったマイクブーストが追加されており スタンドマイクでもアンプ無しで拾ってくれます


しかしやはりブーストを上げると ブースト特有のノイズが入ります


あとは要らないけど一応ボイスチェンジャーね・・・







最後に紹介する機能ですが これが一番今回のポイントかも・・・


RECON3D-1.jpg


SCOUT MODE とやつを ONにすると FPSで一番重要な 足音や声などの 帯域を上げてくれる機能があります


実際にONに してみると 足音の聞こえにくいBF3でも近くの敵の位置がわかりました


今までは逃していた音をしっかり上げてくれています





っと言うことで これは ゲーム特化型のサウンドカードのようです


今までのクリエィティブは

16489.jpg


こんな感じで 3種類のモード選択や EAXエフェクトのような物もありましたが

今回は 至ってシンプル かつ単純化されており  非常に使い易い仕様です




配信 やDVD ゲーム 色々試しましたが ドライバ周りのバグもなく 

音がでなくなる などの問題は自分の環境では なさそうです







さて 使いやすさなどのレビューはさて置き  実際音の違いはどうなの???


ってのが気になる方が多いはず 


先ほども言ったように ゲーム特化されたサウンドカードのようです  


自分の耳は凡人レベルですので あくまで主観による物ですが


癖のない 原音に忠実な音 っていう感じがします   

音楽や動画も十分すぎるくらいに楽しんでいただけるレベルではないでしょうか・・・



しかし TITAANIUM HD と比べてしまうと 設定を何も弄ってない状態 でも 若干HDDのほうが 音が柔らかい

感じがしました


オペアンプを積んでいる分 音色と言う部分に関しては 若干なりとも 差を感じますね


なのでどっちが買いか????


これは好みに分かれると思います





個人的には エフェクトの多さ  ASIOなども対応の HD が好きです 


ステミキに関しては どちらもついてますが  RECON3Dの方は マイクを聴く に☑ をしないといけないので


自分の声が返ってきて話し辛い なんて生主症候群にハマル人もいると思います





あと付属のマイクの感想についてなのですが


指向性を調整できる  と言うのが売りですね


確かに指向性をナロウに寄せると 周囲の音を拾い辛くなります


よく見ると マウク部分が2つあります



しかし  やっぱり拾いにくいと言うだけで 拾ってしまう事もありますね


マイクの音質に関しては 至って普通・・・悪くもなく良くもなく。。。。



っということでした   




っでね



取り付け24時間ほどで やっぱり 聞きなれたHDのほうが良くなって 戻しました



その時感じたのが  サウンドカードって結構熱持つんですよね 


それが 非常に冷たかった・・・・

発熱性にかんしては優秀かもしれません   



ってことで しゆーー


サウンドカード
どもー

発売直後のサウンドカード Creative,新世代サウンドカード「PCIe Sound Blaster Recon3D」


が届きました 


画像-0071



っと言うことで早速とりつけ・・・・



っと言うわけにはいきません。。。


明日PCを組み立て配信するので 準備もあるし 配信もあるし ゲームもしたいし


っと言うことで レビューを待ってくれてる方もいますが 少しお待ちください




とりあえず Sound Blaster X-Fi Titanium HDとの大きさの比較だけしてみました


画像-0072



かなり小さい感じですね


いやHDがデカすぎるだけなんでしょうか??


「最上位モデルとして『PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium HD』を継続販売するので,オーディオファンはそちらを選んでほしい


との事ですので おそらくサウンドの質がどれくらい変わるのか・・・・


ここが大きな選択肢の分かれ道となるでしょう 




やはり Titanium HDが最上位扱いを継続と言う意味では 変えるのが勿体ない気もしますね


どんな音なのか楽しみにしつつ  次のレビューをお待ちください





この曲いいよね   


che'nelle    baby i love you






じゃっ しゆーー


使用しているパーツレビューその1
ども


新ブログになってすでに更新が止まってますね

今週と来週は出張もあり 忙しいので更新しておきます





新しいRADEON HD7000シリーズや IVYなんかの情報も出まわってますが

出てもない物にコメントしても所詮。。。。   ですので 実際の使用パーツについて

書き込みしていきたいと思ってますが あくまで個人的な感想ですのでさらっと聞き流してください




第1弾は 自作初心者なら一度はつけてみたいと思う  FANコントローラー


ZALMAN  ZM-MFC3 です


mfc-3.jpg






まずこれの他にはない特徴は   消費電力がわかるワットチェッカー機能


自分もこれだけの為に買いました  仕組みは

mc-3.jpg



写真左上にあるアダプターみたいなもの   これがミソなんですよ

コンセントから電源本体までの間に このアダプターをかませます

これには電源の線の他にUSBののような線がもう1つあるんですね(写真右上参照)

これをPCI固定のネジのところに取り付けて 更にファンコンまで内部配線で持って行きます




文字にすると難しそうですが 要は実際のコンセントから拾ってくるので ワットチェッカーとしての信頼性大 

っと言うことです




取り付けできるFANは標準4枚  3ピン3個とPWM 1個 という構成です


コントロールに関しては AUTO機能はなく 全手動による回転数制御です






と言うことで しゆーー










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。